日焼け止めの選び方、そのポイントとは

日焼け止めの選び方ですが、まずはSPF値とPA値がポイントとしては挙げられます。これは簡単に言うと紫外線に対する防御力の高さを表記している値です。日差しが強く降り注いでいる紫外線の量も多いことが予想される夏場や、屋外活動時などは、このふたつの値が高いものを選んだ方が良いです。逆に冬場や雨天時、またほとんど外出しないと言う日などは、このふたつの値がそこそこのものであれば十分です。それから紫外線からどのように肌を防御するのかと言うのもポイントです。日焼け止めが紫外線から肌を防御するのは、紫外線吸収剤あるいは紫外線攪乱剤が配合されているためです。紫外線吸収剤は使い心地がなめらかで、かつ防御力も高いのがメリットですが、文字通り、紫外線を吸収するので肌への負担になりやすいと言うデメリットがあります。対して紫外線攪乱剤は肌の上で紫外線を反射すると言う成分で、肌への負担になりにくいのが特徴です。その人の肌の状態と言うのもあるので、絶対的にどちらが良いと言うことは難しいですが、一般的には紫外線攪乱剤が使われている日焼け止めの方が肌にとっては良いと言われています。そして日焼け止めに配合されている美容成分も、選び方において見ておきたいポイントです。ヒアルロン酸やセラミド、また肌への負担を軽減するための天然由来の成分が配合されているものも多くなってきています。そうしたものを利用すれば、紫外線から肌を守りつつ、同時に肌に対しての美容効果を期待することもできます。自分の肌状態を良くしてくれるような成分が配合されているものを選ぶのが望ましいです。
日焼け止めサプリ徹底比較ガイド│最強おすすめランキング!はこちら